ものづくりびとを訪ねて 3

ものづくりの人に 創作のことなどをたずねる連載 3人目は

この7月から 定期的にワークショップをしていただくことになった
アートセラピスト アトリエkirari 小松加奈子さん

ずっと気になっていた「アートセラピー」のことについてなど
いろいろなお話を聞いてきました!

小松加奈子さん

いろいろな場所でアートワークセラピー教室を開催するほか、
貴重なマタニティの時間を楽しく過ごせるように・・・と
妊婦さんのお腹に絵を描く 「ベリーペイント」もされています

●アートセラピーとは
芸術表現を使って心を癒す方法です。
様々な画材を使って心をリフレッシュしたり、魅力を発見したり。
気軽に楽しめるアートワークをします。
一般の絵画教室とは異なり、作品の仕上がりに評価はありません。
一人ひとりが作り出していくプロセスを大切にします。
「やってみたい!」を応援するアートワークです。

それでは、いろいろ聞いてみましょう!

◆美術関係のことなど、専門機関で学ばれたりしたのでしょうか?

→ 美大のデザイン科で学びました。

◆アートセラピーを知ったきっかけは?

→ 小さい頃から絵を描くのが好きで、イラストレーターになりたいと思ったこともありました。

 美大で、スランプに陥りそのまま卒業して、教職か玩具関係・・・と、就職先を模索していました。

 ものづくり・子供・教育・心理・カラーセラピーと検索しているうちに「アートセラピー」という言葉に出会い、
 色や形に表現された意味や心理を深く学びたいと思ったのがきっかけです。

◆美大時代のスランプとは どのようなことだったのでしょうか?

→ 自分の表現と求められることの狭間で、周りの評価ばかりが気になるようになり、
 表現することがつまらなくなっていってしまったことです。

 アートセラピーを知って、たくさんのアートワークを体験して、表現する楽しさを思い出すことができました。
  自分らしい表現ができるようになり、元気になりました。

◆アートセラピーというと、心理学的なことも含まれるようなイメージですが
 ワークに取り入れたりすることはあるのでしょうか?

→ 心理的なことはアートセラピーのスクールで学びました。
  アートを通して自己分析を沢山しました。

  全てのワークで、様々な心が表現されます。
  大切に向き合い、問いかけをして気づきを深めたりしますが、心理分析や描画分析はしません。
  上手下手の評価はせず、お一人お一人の表現を受け入れて承認していきます。

◆ご自身の作品を発表したりすることはありますか?

→ グループ展はやったことがあります。
  いつか個展をやってみたい気持ちはあります。

◆アートセラピーをされるとき、参加される方はどのような方が多いのでしょうか?

→ ・具体的な悩みがある人
  ・迷っていて背中を押して欲しいような人
  ・自分に興味がある人
  ・自分を知りたい人
  ・子育て中でリフレッシュしたい人
  ・老人ホームやデイサービス、高齢者施設
  ・幼児から小学生までのお子様

◆メニューはどのくらいあるのでしょうか? 全てご自分で考えるのでしょうか?

→ 種類は何十種類もあり、季節に合わせて考えたりします。
  学校で教わった内容をアレンジしたりもしますが、全て自分で考えています。

◆アートセラピーの目的は、というと どのようなことになりますか?

→ 元気な人を増やす。喜びを共有する。 
  「自分でよかったなぁ~」と、自分自身を大切にできる時間を提供したい。

◆どんなときうれしいですか?

→ 「キラリ」を見たとき!
  大人も子供も、素材に向かって夢中になっているのを見たとき
 (自分の想像と全く違う表現に出会うと、楽しくなります)

◆大変だったときはありますか?

→ ・全身を使ってスライムであそぶワーク
   とても楽しいですが、体力が大変(笑)
   髪の毛もベトベトです。
 
 ・高齢者施設でのアートワーク
  シニアの方々は体調や気分も様々。人生の大先輩を前に緊張します。
  怒ってる方がいると動揺してしまったり。初めのころは自分の気持ちを立て直すのが大変でした。
   (でも、怒っていた方もアートが始まると楽しんでもらえることがほとんどです。
   緊張していると応援してくださったり。逆に元気を頂くことも多いです。)

◆印象に残っていることはありますか?

→ 高齢者施設で、いつも穏やかで静かにワークに取り組まれる方が、
  椅子から立ち上がって力強く絵の具を塗り広げたときのこと。 

 上手下手の評価をされない安心の環境であれば、自分を自由に表現し、元気になっていくんだ!
 アートって、すごい!と思いました。
 
 (車椅子の人が立ったりすることもあるそうです。)

◆大切にされていることはありますか?

→ そのままを受け入れること。受容すること。
 初めて会う時でも、先入観を持たないでフラットな状態でスタートする。
 その場に感謝して、楽しむこと。

◆アトリエ kirari の名前の由来は?

→ アートワークを提供していて楽しいなぁと感じるのが、参加されてる方が、
 「ハッ」と気づいたり、何かを思い出したときに「キラーン✩」と光る瞬間に出会えたときです。

 自分もみんなもキラリと光って、お互いに喜びを感じられる場をつくりたい。
 その想いを忘れないためにも、kirari とつけました。

◆もしも ぱっと休みができたら、何をしたいですか?

1日  → 寝る
1週間 → 旅行(国内)
1ヶ月 → 海外に行ってみたい!(イギリスとかオーストラリアとか)

◆お金と時間が無限にあったとしたら、何をしたいですか?

→ アトリエ&キッチンを持つ。
  アートワークの他にも、お菓子教室や料理教室もできるキッチンがあるアトリエをつくりたいなぁ。

◆これからやってみたいことはありますか?

→ ・自分のアトリエを持つ。
   そこで、アートセラピー・ベリーペイント・作品づくりをしたいです。

   ・美術館でアートワークイベントを開催したい。

   ・写真の勉強もしたいです!

ありがとうございました!
アートセラピーについてお話を聞いて、ますます興味がわきました!

アトリエkirari 小松さんには、
7月から毎月 アートセラピーのワークショップをしていただくことになりました。

今月は 「夜空の万華鏡」 親子で参加できるワークショプをします。
7月30日(土) 10:30~12:00
楽しい夏休み、お子様と一緒にアートを楽しみませんか?

詳細はこちらから! → http://happado.com/workshop/
先日体験したレポート → http://happado.com/blog/archives/751#more-751

アートセラピー・ベリーペイントなど お仕事のお問い合わせはこちらまで!
kanako.komatsu91@gmail.com

LINEで送る



  • はっぱどう お知らせ
  • はっぱどうのこと
  • 葉っぱ小屋
  • はっぱどう ワークショップ
  • はっぱどう 写真いろいろ
  • はっぱどう オーダーメイド
  • はっぱどう お仕事・本
  • はっぱどう リンク
  • はっぱどう お問い合わせ
  • はっぱどう 創作ノート
  • はっぱどう 葉っぱ商店
  • カテゴリー



  • 葉っぱだより
    メルマガ登録・解除
     



Copyright  happa do All Rights Reserved.